聴覚障害者のIT対応を支援

当会には事務局の他4つの部がおかれています。


手話研究部

コンピュータ用語の手話化を推進する部で、1996年「コンピュータ用語の手話」を出版しました。また、2002年に入門者向けに用語を抽出、新しい用語を追加して再編した「コンピュータ用語の手話 入門編」を出しています。

広報部

聴覚障害コンピュータ技術者に情報提供を図るため、定期的に、会誌を発行しています。また、聴障者コンピュータ協会のウェブページ管理もやっています。

教育部

新しくコンピュータに取り組む聴覚障害者のための講習会を担当する部で、1997年3月に最初の「聴覚障害者向けのコンピュータ講座」を開催しました。TEPIA主催の聴覚障害者向けセミナー(2013年8月まで)の他、地域の講習会への派遣を行っています。

組織部

聴コン会に対する理解を広げると共に、新支部設立などの全国的な展開について担当します。

事務局

会の日常的な運営を担当しています。